FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

小樽BookArtWeek

小樽で開催されるブックアートの展示会の情報発信。

会場紹介② カフェ レーゲンボーゲン 

小樽の観光スポット、堺町本通りにもほど近い、カフェ レーゲンボーゲンさんから頂いた情報です。



11692875_873020102778945_1807142955_n.jpg

開催期間 9月25日(金)~10月25日(日)
注:会期は当初の発信から変更となっております。
住所   住吉町4-4 ハンズオントーイ キンダーリープ2階
営業時間 11時~18時頃
定休日  火曜日( 祝日は営業します)

カフェ レーゲンボーゲンTwitter

●会場紹介ドイツの 木のおもちゃ屋キンダーリープ2階の片隅にあるカフェです。
●作品紹介(画像=Kaoru_Tago_2015.jpg とregenbogen1.jpgの2枚)
11694188_873020109445611_1983536258_n.jpg


たごかおるによる新作絵本と水彩原画の展示、そしてRegenbogenが作る透かし切り絵の小さな物語を展示します。
9月27日(日)19時〜21時、透かし切り絵のワークショップを開催します。参加費2000円飲み物と材料費込。
●作家情報 2名分
作家名 たご かおるジャンル 絵本など
プロフィール
芽室町在住。児童福祉の仕事に携わりながら、水彩画や色鉛筆画を中心に創作を行う。主に動物をモチーフとした作品の他、似顔絵やウェルカムボード等も手掛ける。

11657532_873020106112278_765795438_n.jpg
作家名 Regenbogen
ジャンル 透かし切り絵
プロフィール
本業は珈琲屋カフェレーゲンボーゲン店主。様々な色や形を組み合わて作る幾何学模様の世界に魅了されている。
ブログ http://rw-regenbogen.jugem.jp/ (←この情報はブログだけの掲載でOKです)

ブログ

9月27日(日)19時~21時
参加費2000円飲み物と材料費込(要予約)



たごさんは例年ご参加下さる作家さんで、優しい目線で記録するような、温かい作品が印象的です。
賑やかな観光地の近くですが、石造りの建物の落ち着いた空気の中、楽しげな子供たちの声が響く、独特の空気のレーゲンボーゲンさんは、優しい作品が似合いますね。


記:ボアさん
スポンサーサイト



Posted on 2015/08/31 Mon. 00:55 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: --

31

菜はなさんの[ 

Posted on 2014/09/11 Thu. 20:40 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: --

11

八か所目! 

以前にも触れましたが、今年の小樽ブックアートウィークは会場が一か所増えます。

959103_290795944388748_2028008060_o.jpg

お店のツイッターの最新画像ですが、わかりますか?


正解は、カフェ・レーゲンボーゲンさん。

店主のミカンさんより、自己紹介文をお預かりしております。

*******

カフェレーゲンボーゲン
営業時間 10時頃〜18時
定休日  火曜日

ドイツの木のおもちゃ屋 ハンズオントーイ キンダーリープの2階の1画が
カフェレーゲンボーゲンです。
ドミニカ産の有機栽培珈琲や、オーストリアの有機ハーブティなどと一緒に
材料は、なるべくシンプルに・国内外の有機栽培や自然農法で栽培されたものを
使い、お茶に合うような焼菓子もご用意しています。
また、小樽博信堂書店セレクトの古本も販売しております。

平日は静かな店内で、ゆっくりと一人の時間を過ごしてみたり
土日は子供たちの賑やかな声を聞きながら
お茶を飲みながらドイツのカードゲームで遊んだり、様々な顔のある店です。

ちなみに、Regenbogenはドイツ語で虹という意味で、店内はカラフルです。


*******

と、いう事で飲食店が増えました。
飲食店の情報も追ってまた!

記:ぼあ

Posted on 2013/06/15 Sat. 01:42 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: --

15

瀧口修造展 

ブックアートウィーク会場の一つ小樽文学館さんが、小樽美術館さんと合同で特別展「詩人と美術 瀧口修造のシュルレアリスム展」を開催しています。

瀧口修造さんとは、詩人であり、アーティストであり、何よりも戦前からシュルレアリスム作品を日本に紹介した方として有名です。
つまり、ダリやマグリットを日本に持ち込んだん方。
当時日本で美術作品に取り組んで方々には、衝撃的だったのでしょうね。
詳しい事は小樽文学館さんのHPのリンクを張ってますので、そちらをご参照下さい。

この瀧口修造さん、小樽で文房具店を営んでいたお姉さんがいた事で、小樽にも滞在されていた期間があったそうで、なんとその文房具店を館内に再現しています。製作は札幌の雑貨喫茶「十一月」さん。こちらのお店も気になりますね。
瀧口修造「夢の文房具店」は展示の一番奥にあります。

そして幻の詩集といわれた「詩的実験」の原稿160枚も展示。
亡くなられて30年以上経ち瀧口修造の名をご存知ない方も多いかもしれませんが、私の知る範囲の事をこそっと書いただけでも、多くの魅力と、計り知れない衝撃を残した方というのは伝わったかと思います。
これは、見逃す手はございません。


会期:2013年5月18日(土)~6月30日(日)
▶入館料
一般:1,000円、高校生・市内高齢者:800円、中学生以下無料
▶前売券
一般:800円、高校生・市内高齢者:400円

小樽文学舎

Posted on 2013/05/29 Wed. 00:37 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: --

29

6/2なまらやダルシマーディナー 

会場の一つ洋食台処なまらやさんから、ライヴの情報が届きましたので、お知らせ致します。


◆6/2なまらやダルシマーディナー
【日時】6月2日(日)19:00start
【出演】小松崎健(ハンマーダルシマー)
【料金】予約2500円/当日2,800円(料理&ワンドリンク付き)
【問】0134-61-7930(なまらや)
おいしい料理とともに、まったりと美しいハンマーダルシマーの音色をお楽しみいただきます。

なまらや的日々

打弦人生(健さんのブログ)

なまらやさんのライヴといえば、打ち上げのお料理の美味しさに定評がありますね。
それ目当てで、なまらやさんでライヴをされるミュージシャンも少なくないようですね。
今回は最初から、料理を食べながら、もちろんお酒も呑みながら、音楽を楽しもうという事のようです。

そして音楽は、ハンマーダルシマーの第一人者「小松崎健」さん。
弦をたたいて演奏するハンマーダルシマー。
健さんの演奏は優しい音で、それでいて緩急自在な演奏で聴き入ってしまいます。
素敵な音楽と、美味しいお料理。きっと贅沢な日曜日になりますよ。

けんさん

記:ぼあさん

Posted on 2013/05/11 Sat. 02:08 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: --

11