FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

小樽BookArtWeek

小樽で開催されるブックアートの展示会の情報発信。

ラストスパート!@小樽文学館 

レーゲンボーゲンさんの展示も終了。

文学館さんの展示が来週11月3日(火・文化の日)までです。

週末からの飛び石連休が、未見の方にはチャンスですよ。

小樽イラストレーター展。
BookArtの中で真っ先にスタートした企画で、当初は小樽アニメパーティとも連動していました。
いわゆる「萌」系のイラストですね。

リサイズ イラスト①

エントランスからたくさんのイラスト。

リサイズ イラスト②

PCを使っているのでしょうか。
凝ったデザインのものもありますね。

リサイズ イラスト③

ポスターのイラストも手掛けた赤渕めがねさんの作品。
ディティールが丁寧ですね。
存在感があります。


その他、イラストが商業利用されている例として、「ふぁーまぁと農夢」さんのロゴ等。

リサイズ農夢

模型もいろいろ!

リサイズ模型④

リサイズ模型③

ジオラマも精巧です。

こんなジオラマも。

リサイズ模型②


画像中心はファーストガンダムの最終回の再現でしょうか?
ガンダムに詳しい方の話では、かなりマニアックなシチュエーションのジオラマもあるそうです。

そして、このボリューム!

リサイズ模型①


これらのい展示は文学館受付手前のJJ'sカフェさんにて展示。
私が行った時には金森浩太さんのCDがBGMに。

リサイズ CD


期間中に中秋の名月にちなんだイベントがあって、文学館さんに隣接する色内広場で金森さんのライヴも催されてされていました。

小樽文学館・美術館は、色々意欲的な企画を開催していますよ。
下のリンクもチェックしてみて下さいね!

小樽文学館

小樽市立小樽美術館


ちなみに、現在美術館では「小樽硝子アート展」が開催中。
ヴェールボアの硝子工房スタッフ「森智清」の作品も出展されています。


そいて、イラストレーター展、終了間際に嬉しいニュースが!
赤渕めがねさんの新作イラストが」」追加されたそうです!
観に行かなきゃ!


記:ボアさん
スポンサーサイト



Posted on 2015/10/30 Fri. 19:57 [edit]

category: 会場

TB: 0    CM: --

30

会場紹介⑦ ヴェールボア 

いよいよ本日より、全会場でBookArtWeekスタートしました!

ということで今回は、事前紹介が間に合わなかったヴェールボアです。

先ず、イラストレーターの友民(ともみ)さん。
今回初参加です。
音楽関係の知人の紹介で知り合った方で、札幌のライヴのフライヤーや、グッヅのデザインもされています。

可愛らしいキャラクターの小さな冒険。
展示品はブックアートらしい細工もされていますよ。
11701347_657419691059703_301101905_o.jpg
12059571_694698503998488_1436319994_o.jpg


続いては、常連の最上朋香さん。切り絵の作家さんです。
画像を見て頂くとわかるように、非常に繊細です。ハサミで切っているとは思えないです。
11696842_657044641097208_848684267_n.jpg
劇団yhsの役者さんでもある最上さんも出演する11月公演(室温~夜の音楽~ 作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ!)のチラシもあります。たまたまですが、こちらもブックアート的な工夫のあるチラシです。
是非お手に取ってご覧ください。


そして、ヴェールボア 硝子工房部門スタッフの森智清(もりちしょう)。
ご存知の方にはお馴染みになったカエルのキャラクターによる4コマ漫画仕立て。
ゆるーい感じが作者の人となりが表れていますね。
11701281_657420074392998_81333339_o.jpg


今回ご参加頂いている作家さんには全員「とも」の漢字が名前にあるという共通点があります。
もちろん、偶然です。


そして、関連企画として明日は朗読ライヴを開催します。
人間椅子

お席にはまだ若干の余裕がございます。


記:ボアさん

Posted on 2015/09/25 Fri. 21:52 [edit]

category: 会場

TB: 0    CM: --

25

会場紹介⑥ なまらや 

いよいよ明日より小樽BookArtWeekスタート。
直前の会場紹介は、なまらやさん!

作家さんとの交友範囲の広いなまらやさん。
そもそもブックアート開催のきっかけも、なまらやさんの交友からでした。
という事で作家さんの数も多くボリュームがあるので、ボアさんの文章は短めでお送りいたします。


 ◇◇◇◇◇

「虫ときのこのBookArt」
なまらや展示スペースが、虫ときのこ たわむれる小さな深い森になります。
もりろん会期中 きのこ料理の」あれこれも。
虫料理はやりません 念のため。
虫ときのこのchobico Tシャツ販売もありますよ。

■ナカムラ柳笛製作所(虫)
作品画像タイトル:無題
プロフィール:あやしい笛を製作中。
ナカムラ作品



■城戸みゆき(立体造形)
作品画像タイトル:『摩擦と抱擁』
プロフィール:1972年 広島生まれ
1995年 女子美術大学卒業
2009年 アーティスト・イン・レジデンス Krems(オーストリア)
2010年 HIVE アーティスト・イン・レジデンス(韓国)
2011年 KASHIMA 別府アーティスト・イン・レジデンス
2012年 会津漆の芸術祭
2014年 Fresh Winds Art Festival (アイスランド)

紙や種子を主な素材として、日常の中に現れる虚構の世界や
生活の水面下に潜む広がりを再構築する作品を制作しています
城戸作品





■福本浩子(インスタレーション)
作品画像タイトル:「Mycobook ~チャタレイ夫人の恋人~」(2014年小樽BookartWeek出展)
プロフィール:1971年神戸生まれ
大学在学中にきのことブックアートに強い興味を持つようになる。
きのこライター・堀博美として活動の場を広げる。
最初は両者を別の活動と位置づけてきたが、ここ3~4年で急速に近づいてきた。
最新の連作は、本から本物のきのこを生やす「Mycobook」。

~個展~
1994年、1997年、2001年 ギャラリー16[京都]
1997年 「LANGUAGE-MATERIAL 1997 VOL.1」Gallery ART SPACE[東京]
2000年 「ことばの領分」アートスペース貘[福岡]、カノーヴァン[愛知]、川口現代美術館スタジオ[埼玉]他
~グループ展~
1995年 「紙の世界」国立国際美術館[大阪]2001年 [メッセージ/ことばの扉をひらく]展示2「記憶の扉」せんだいメディアテーク[宮城]2010-11年 「これは本ではないーブック・アートの広がり」うらわ美術館[埼玉]、福井市美術館[福井]他多数
~受賞歴~
2009年 「こみまる展2009」大賞 吹田歴史文化まちづくり協会[大阪]=
福本作品リサイズ




■森麻美(絵本)
作品画像タイトル:「木のこども」(2014年小樽BookartWeek出展)
プロフィール:動物や風景をメインに豆作品集や豆絵本など、ちいさなものを制作しています。
透明水彩、アクリルガッシュで絵を描いています。
森作品リサイズ





■菅 文彦(インスタレーション)
作品画像タイトル:
プロフィール:平面上につけた偶然の染み、そこにできる陰影濃淡、掠れなど。
或は石や木など自然が作り出した不如意の造形を縁(よすが)としてじっと見ていると浮かび上がってくる精神の深層のイメージをその染みに、フォルムに見つけ、細密な線でトレースしていく。意識と無意識の狭間に浮かび上がるその貌(かたち)は性的で有機的な異形。生と死のダブルイメージ。知らなかった自身の姿でもある。

菅作品1


菅作品2


■本田征爾(透明水彩、アクリル、立体、他)
作品画像タイトル:「冬虫夏草~クビオレアリタケ」
プロフィール:1977年          京都府生まれ
2000年        北海道大学水産学部卒業
2002~2003年       まぐろ延縄調査船に乗船(船内で作品制作)
2003年7月        京都 立体ギャラリー射手座、初個展
2004年2月、11月    札幌 エルエテギャラリースペース 個展
2005年4月        札幌 ギャラリー門馬ANNEX 個展
2005年~         約半年の調査航海と大阪、札幌での定期的な個展開催
                  (2011年より船を降り、作家活動に専念)
2013年  2月        大阪 乙画廊 個展
       3月 札幌 大丸藤井セントラル スカイホール 個展
    5月         札幌 ギャラリー門馬ANNEX 個展
       8月         札幌 ギャラリー犬養 お風呂ギャラリー 個展
  11月        札幌 TO OV CAFE(ト・オン・カフェ) 個展
*現在、札幌在住。透明水彩、アクリルの平面作品、小さなオブジェを制作する。
『陸の上で見る夢は海の底から宇宙の果てまでか、を標に小宇宙
本田作品



洋食台処なまらや
なまら猫

花園グリーンロードの海寄りにある洋風居酒屋。目つきの悪い猫の 黄色い看板が目印です。
花園3-6-6       Tel/Fax 0134-61-7930
12:00~14:00、17:00~22:00
日・月曜定休 火曜ランチ休み

なまらやブログ「なまらや的 日々」

Posted on 2015/09/24 Thu. 22:01 [edit]

category: 会場

TB: 0    CM: --

24

会場紹介⑤ あとりゑ・クレール 

小樽BookArtWeekmoいよいよ今週スタート。
先んじてスタートした文学館さん以外は、25日(金)よりです!

今回はあとりゑ・クレールさん。

そして今回のクレールさんのテーマはオーナー高橋さんが大好きで、以前より構想を練っていた「映画」とのこと。

11721139_875023585911930_276058121_n.jpg

昨年のブックアートのチラシをデザインして下さった高山美香さん作の、古今東西のシネマスターの人形が並ぶそうです。
チラシによりますと、
・男はつらいよ
・シェルブールの雨傘
・ローマの休日
等々、懐かしいワンシーンがよみがえってきそうですね。
11693046_875023592578596_184971170_n.jpg

高台の住宅街にあるクレールさんはそのロケーションも見どころの一つです。
お見逃しなく。
11717099_875023589245263_2021512220_n.jpg


記:ボアさん

Posted on 2015/09/22 Tue. 10:19 [edit]

category: 会場

TB: 0    CM: --

22

会場紹介④ シロクマ食堂 

今回は話題のシロクマ食堂さんをご紹介!

シロクマ食堂外観


北運河そば、ひっそりたたずむ食堂です。
海鮮からパスタ・ハンバーグ・丼ものなど幅広くありマス。
お酒も日本酒・ワイン・焼酎・ウィスキーなど豊富にあり!

開催期間:9/25~10/10 
期間中無休
営業時間11:00~22:00(16~17:30の間、不在の時があります)



そして、今年の作品は。

熊澤英俊さん。
 作品:ブック型ペーパークラフト、切り絵オブジェ
作家紹介
 札幌在住のグラフィックデザイナー「デザイン工房KUMA」主宰
 広告デザイン、企業ロゴ、イラスト製作など幅広く手がける。
 本業の合間に、紙のオブジェやペーパークラフトなどを製作。

熊澤英俊



動物モチーフの作品は、シロクマ食堂さんにはぴったりですね。
美味しいお料理と、気さくなマスターとのおしゃべりも魅力的なシロクマ食堂さん。
アートの事でも話の花が咲きそうですね。


記:ぼあさん

Posted on 2015/09/18 Fri. 22:17 [edit]

category: 会場

TB: 0    CM: --

18