FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

小樽BookArtWeek

小樽で開催されるブックアートの展示会の情報発信。

「本の本」@博信堂 

本日でクレールさんの展示が終了。(お疲れ様でした!)
10日の土曜で4会場が終了予定。
今のうちですよ!
間もなく終了する会場の一つ、博信堂さん。

テーマは「本の本」
本に関する内容の本の展示販売。
販売するので、随時補充もされているそうですよ。

yye3eHwG.jpg


このブログでも何度か名前が出ている展示会「THE LIBRARY」、小樽ブックアートウィークはそこから派生したイベントです。
小樽は展示内容に取り決めはありませんので額装したものもありますが、「THE LIBRARY」は手に取ってみる事ができる作品となっています。

最近は書店でも中身を見れないケースもありますが、古書店は手に取ってじっくり吟味できるのも魅力の一つですよね。
古書店で開催される「本の本」。本の原点を振り返られるような、素敵な企画ですね。

☆博信堂書店
9月25日~10月10日
不定休(だいたいおります)


記:ボアさん
スポンサーサイト



Posted on 2015/10/08 Thu. 20:52 [edit]

category: 情報発信

TB: 0    CM: --

08

メディア情報です! 

札幌のイベントポータルサイト「大通り情報ステーション」さんで、小樽ブックアートウィークをご案内頂きました!


大通り情報ステーション




ブックアートの記載はありませんが、会場の一つなまらやさんが北海道新聞さんの「北の幸 味わいだより」のコーナーで紹介されましたよー!

「北の幸 味わいだより「なまらや」

Posted on 2015/09/16 Wed. 21:39 [edit]

category: 情報発信

TB: 0    CM: --

16

「THE LIBRARY 2015」 

ブックアートウィーク終了から随分経ちましたが、ようやくブログ更新です。

先日(12月15日)に、各会場メンバーが集まって打ち上げが開催されました。
約二月の間隔が空くというのも、各会場がブックアート以外にも精力的に活動をしているからですが、ブログはもう少し頻繁に更新できるようにしたいです。

打ち上げというだけでなく、次回の小樽ブックアートへ向けての打ち合わせもありました。
とりあえず、今年はチラシは高山美香さんにデザインして頂きたいへんご好評を頂きました。
来年も出展者さんにデザインをお願いする予定です。
誰が担当するのか?
現時点では2014年に出展されている方を予定しているとだけお伝えしておきましょう(笑)


来年に向けては、小樽ブックアート開催のきっかけになりました東京で開催の「THE LIBRARY 」も2015年に向けて出展者の募集が始まっております。

詳細は↓のリンクのページをご参照下さい!
THE LIBRARY 2015



ぼあさん

Posted on 2014/12/17 Wed. 14:54 [edit]

category: 情報発信

TB: 0    CM: --

17

今年もありがとうございました! 

会期自体は今月13日で展示終了となりました。
改めまして、ご来場下さいましたお客様、ご参加下さいました作家の皆様に感謝申し上げます。


その後のもろもろの処理もある程度完了し、各会場も新しい取り組みが始まっています。
漏れなくとは行きませんが、会場やご参加下さった作家の皆様、他の土地でのブックアート展示の取り組み等、順次このブログでご紹介して参ります。

お時間があります時は、どうぞお付き合い下さい。

記:ぼあさん

Posted on 2014/10/27 Mon. 19:44 [edit]

category: 情報発信

TB: 0    CM: --

27

「古本でアートしよう」 

今回は小樽文学館さんのご紹介。
過去の展示では、豆本・同人誌等、本そのものを展示してきた文学館さんですが、今回は違ったアプローチのようです。

☆☆☆☆☆☆

小樽文学館を支援する「小樽文学舎」では、15年前から市民からご提供いただいた古本を市民に還元するというリサイクル活動を行っています。
常設の古本コーナーは皆さんに親しまれており、また年3回行う古本市もすっかりおなじみの行事となりました。
これまでご提供いただいた古本は相当な数になり、その中から日本文学研究に役立つ本を選び、韓国の大学に送った事もあります。
今回は今や小樽文学の大きな特色にもなっているこの「古本」を本のタイトル、内容をいったん切り離し、アート的「オブジェ」としてカフェコーナーにアレンジします。このアートを「創作」するのは、文学館ボランティアの皆さんと文学館のスタッフです。どうぞお楽しみに。

以上、チラシより。

☆☆☆☆☆☆


古本を素材にオブジェを作るのでしょうか?
今現在、作品画像は届いておりません。
どんなアートが「創作」されるのか?
実際に会場でお確かめ下さい!!

小樽文学館
展示期間 9月27日(土)~10月13日(月)
月曜休館
9:30~17:00
小樽市色内1-9-5
Tel/Fax 0134-32-2388
jj’s カフェ リサイズ


記:ぼあさん

Posted on 2014/09/20 Sat. 16:13 [edit]

category: 情報発信

TB: 0    CM: --

20